大阪本社 06-6771-5676
東京支店 03-5821-9133
印刷
印刷
紫外線を照射すると速乾するインキを使った「UV印刷」で納期の短縮化を実現。「フレキソ印刷」は印刷→加工がワンパスで可能。
オフセット印刷:日本の印刷物の約3/4を占める、最大の印刷方法

オフセット印刷:日本の印刷物の約3/4を占める、最大の印刷方法

オフセット印刷は日本の印刷物の約3/4を占める、最大の印刷方式となっています。オフセット印刷がこのように評価され、採用されているのは、カラー印刷が下級紙に綺麗に、かつ容易に行えるからです。特に刷版はアルミ版の上に膜厚の薄い画像を作ればよく、その容易さが評価されています。
また、UV印刷とは、インキ中に含まれる化学物質に紫外線を照射することで印刷面に塗布されたインキを瞬間的に乾燥 (硬化) させる印刷方法です。

UV印刷:トラブル軽減・高耐久性・環境配慮

UV印刷:トラブル軽減・高耐久性・環境配慮

インキが瞬間乾燥 (硬化) することで、印刷トラブルの原因となっていた印刷コスレ、ブロッキング (裏移り)、粉落ちのリスクが無くなりクリーンな作業 (機械) 環境が維持できます。
また、油性インキに比べ耐摩性があり、水や溶剤にも強く、大気汚染となる「VOC (揮発性有機化合物)」が発生しない環境配慮に優れた利点があることから、2021年2月より、郡山工場での印刷加工製品は全てUV印刷へ移行しました。

機器紹介

RAPIDA 106

Koenig & Bauer社

18,000枚/時の高速印刷・段取り時間の短縮・自動色調補正機能・用紙位置自動検知 (補正) 機能など様々な優れた機能を搭載した7色+コーターUV印刷機です。
2015年に導入し、その性能と製品品質に優れた印刷機であったことから、2021年8月に新台を導入しました。
(生産国:ドイツ)

RAPIDA 106
フレキソ印刷:印刷→加工がワンパスで可能

フレキソ印刷:印刷→加工がワンパスで可能

印刷・表面加工・打抜き加工までの生産がワンパスできる短納期対応に優れた印刷機を使用しており、オフセット印刷に迫る高品質なカラー印刷です。
また、UV印刷方式を採用していることで、大気汚染となる「VOC (揮発性有機化合物)」が発生しない環境に配慮した生産を行っています。

機器紹介

Comco

Mark Andy社

プログライドMSP型 (凸版印刷機)
(給紙部+印刷ユニット9基+加工ユニット5基+排出装置)
(生産国:アメリカ)

Comco